高層湿原~苗場山頂

画像


小赤沢コースと和山コースの合流地点にいる。

ここまで来るとようやく地図上の現在位置が分かるようになった。

疲労が激しい。山頂まで行く自信はあるが、下山が問題だ。

この日の予定は赤湯温泉へ4時間かけて下山するつもりだったが、登りだけで2時間オーバーの6時間掛かっていた。

赤湯温泉ルートは既に体が拒否していた。

バス停のあるメジャールート小赤沢へ下る方針を考えた。

もし体が言うことを利かない場合はどうしよう。

上の写真の窪みのところにちょうどテントが一張りできるスペースがある。










画像


とりあえず昼時である。

おにぎりやパンを食べた。









画像


鳥甲山も見ている。

やばい。

ピンチだ。










画像


消極的になってはダメだ。

山頂を目指さなければならない。









画像


とても山のてっぺんとは想像できない。










画像


高層湿原は山頂まで結構距離がある。30分は歩かなければならない。

途中で木道は途切れて岩をよじ登る箇所が出てくるが、再び木道が山頂に続いていた。









画像


2009年9月22日 12時30分 苗場山 登頂

カネを思いっきり鳴らした。





山小屋のテーブルに座ってアルファー米にお湯を入れて食べた。

テーブルに同席した人達と会話が弾む。

小赤沢ルートなら2~3時間で下山できるという。

予定外のコースなので地図がないが、メジャールートなので行けるだろう。

決断をする。

あまり長居はできない。

コーヒーを飲みほしてさっさと下山に取り掛かる。

それにしても強烈な場所に来たもんだ。

今振り返ってもあれは夢だったんじゃないかって思えてくる。










画像


木道を歩きテーブルの淵まで来た。

小赤沢ルートへ降りる場所はまさにテーブルの淵であった。

地図をしっかりと頭に叩き込み、一応写真を撮った。

下山は問題なく、迷うような道ではなかった。

後半は遊歩道のような道であった。



午後3時ごろ、駐車場に到着した。

予定外のルートでの下山である。

次は寝る場所探しだ。



(続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)