キレット小屋→八峰キレット→鹿島槍ヶ岳→布引岳→爺ヶ岳→種池山荘テント場

7月27日 5:20 八峰キレット



キレット小屋を出るとすぐに山頂への崖登りであった。

八峰キレットは縦走路の難所であった。ガイドブックにはそう書いてあった。

去年の不帰ノ瞼を経験しているせいで余裕があったが、それなりに興味があり、それなりに恐れてはいた。

いったいどんな場所なのかっていうのが、ガイドブックの写真では今市つかめない。


画像



でもって、そいつは突然現れるわけで、ガイドブックに出ていた崖の実物を見た瞬間、ここだと思った。

そこは八峰キレットであった。


わたしはご丁寧に梯子のゆるさ加減を確認してから宇宙飛行士みたいに降りて行った。

鎖に掴まりながら下を見ないようにして崖っぷちを通過した。

普通に道が付いているのだが転落すると助からないような淵が売りだったようである。




7月27日 7:39 鹿島槍ヶ岳(南峰)


鹿島槍ヶ岳は双耳峰で北峰と南峰がある。

自分が今登っているのが北峰なのか南峰なのかわからなくなる問題が発生した。

コンパス見ると東西方向に分かれているので名が体を表していない。


仕方なくザックを下し地図を広げた。




画像


北峰と南峰のコルに到着した。

たいていの人はここにザックを放置して二つの山頂を往復していた。

冷池山荘から登ってきた人はそういう手法を使って冷池に戻るのだろう。

わたしは予定通り北峰をパスし、南峰を通過することにした。





画像


南峰から見る北峰。




画像


南峰から見る五竜岳は貫禄十分であった。

(クリックでワイド大画面)



画像







画像






画像


鹿島槍ヶ岳南峰に登頂したので、しばし休息を。

あとは危ない箇所がないので残りを楽しむだけになった。






7月27日 8:21 布引岳

画像


優雅なアルプスの道を練り歩く。

アルプスはいいよ。

風をさわやかだし。




画像


時間がかなりあるのでつかの間の休息。

この時点で扇沢への下山も視野に入れている。





7月27日 9:00 冷池山荘テント場

画像


キレット小屋に泊まらなければ、ここにテントを張る予定だった。

かっこいいなぁ、ここ。


ワイルドなテント場である。







7月27日 9:24 爺ヶ岳へ

画像


優雅なことばかりも言ってられない。

もう一山越えねばならない。

爺ヶ岳は三百名山であった。





画像


涼しい風が吹いてくる。

アルペンムード満載な道。来年もまたアルプスへ来よう。

避暑に来よう。




画像


地図では頂きが三つあるが、実際は二つしかなかった。



画像


中央峰に登る元気はなく、何もかもやり終えたような感覚で、頭にはコーラが浮かぶ。





画像


登らなかった爺ヶ岳(中央峰)。




7月28日 10:34 扇沢

画像


大観光都市、扇沢に到着。

キレット小屋でであった大ベテランのおじいさんも言ってた。扇沢は大観光都市だって。

トロリーバスで室堂とつながっているのは知っていた。

トイレ、自動販売機、レストラン、バス、タクシー、山の冷たい水が蛇口から出るなど、至れり尽くせりであった。

ここでスプライト(500ml)を飲み、アーチ型カレー(1,200円)を食べて、後立山連峰の縦走が完結した。


蛇口から出る冷たい名水で歯を磨いてバスを待った。


(完)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0