燕岳→中房温泉

画像


最終日の早朝である。

降ったりやんだり繰り返していた雨があがっていた。

テント場から燕岳が見えた。

長野テレビのグループも起きだして、「ご来光が見える」などと会話が弾んでいる。

我慢できなくなり写真を撮りに行った。










画像


テントはそのままにして、雨に降られる前に燕岳を登ってしまいたい。

往復1時間。

結構、朝の散歩にしては爽快であった。









画像


燕岳の独特の白砂は岩が削れたもののようである。

白砂と奇怪な岩が別世界の風景を作り出している。







画像


誰もいない山頂に登って気分がいい。

写真をバシャバシャ切り取った。











画像


ことしも夏旅の縦走が終わる。過ぎていってしまう。

この後、中房温泉に下れば完了だ。

成し遂げた嬉しさと同時に内在するもの悲しさがある。

こういうのはだいたいいつもある。









画像


旅の終わりになると頭の中が真っ白になる。

山の上で4泊も続けていると頭が「ハイ」な状態になる。

この気分を味わえるのは重要な意味があると思う。

社会の中で生活しているとおかしくなるのは間違いないのだ。

だから一度真っ白にするのは成長にもなる。

子供が夏休みに思いっきり遊びまくって2学期から急に勉強するようになるのと似ているかもしれない。




大学の単位認定試験の直前にこんなことをしていていいのか、という話はある。

むしろ、試験直前だからこそ頭を真っ白いにしたかった。

そのあと頭が活性化するのは、いつものことだから。




(完)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス