テーマ:九重山

九重山 (帰路)

5月3日 坊がつる撤収の朝 5時に起床したが寒いのでダウンジャケットを着た。 テント内でココナツサブレの残りを食べた。 ブラックコーヒーを飲んだ。 ウィ~っていう感じ。 さて、撤収の日である。 テントの張り具合が悪くなりファスナーが閉まらなくなる問題が起きた。 日も高く昇り、テントの雫が乾き始め、周りの人に見習…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九重山 (坊がつる~中岳~久住山~法華院温泉)

5月1日 19:05 坊がつる炊事場 ザックを置いた。 合羽はズブ濡れだった。 濡れた状態ではテントに行ってもなす術がなく、炊事場に来た。 近くのテントから聞こえてくる宴会の声が心を和ませた。 我が家のテントは昼に設営を終えているので、風で飛ばされていない限り心配はない。 何からすればよいのかを考えた。近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九重山 (大船山)

5月1日 13:00 大船山登山口 登山計画書ポストを素通りし「一人一石運動」の看板を横目でチラッと見た。 かつて、こんなにも記憶に残らない登山道があっただろうか。 自分が嫌になるぐらい思い出すことができない。 方角を示す道標は途中一箇所のみ、平治岳と大船山の分岐だけだった。 雨が降っていることもあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九重山 (長者原~坊がつる)

5月1日 9:05 長者原 亀の井バスは2時間走り、わたしを長者原で降ろした。 小雨がパラついている。 おみやげ屋、レストラン、広大な駐車場。ちょっと想像と違う。 雨は小降りだが、風が強い。 このガランとした駐車場が帰りの晴天の時は観光客と車でごった返していたのだから、一体何が起きたのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九重山の旅 (八幡浜~別府)

4月30日 12:10 八幡浜 八幡浜駅へ到着して迷わずタクシーに乗り込む。 「フェリー乗り場まで」 「ああ、はい」 「歩くと何分ぐらいですか」 「30分ぐらいだね。荷物があると40分ぐらいかねぇ」 「さっきのバス?」 「いや、電車です」 タクシーの運転手と取り留めのない会話をしながらフェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九重山の旅 (徳島~松山)

4月30日 6:00 徳島 予定時刻より少し早めに徳島へ到着した。 徳島駅前に下ろされることを期待していたが、少し離れた場所で高速バスを下車する。 駅の風情が全くないその場所で「駅」の文字を探す。 誰も居ない早朝の徳島駅前を10分ぐらい歩いた。 前日の夜はタイミングを外したせいでおにぎり一個しか食べていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九重山の旅 (旅立ち)

カボスが大分の特産だってことをわたしは初めて知ったよ。 最終日のフェリー乗り場前のおみやげ店で知ったのさ。 カボスの饅頭にカボスの飴、カボスのガラス細工にカボスドレッシング。 まぁ、このカボスドリンクでも飲みながら聞いておくれ。 わたしゃアルコールってヤツには興味がないんだ。やめて二年半にもなる。 だから大分焼酎には触れないこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more