テーマ:尾瀬

至仏山

登る意欲を掻き立てる東面登山口が佇んでいた。 立派な門構えが印象的だった。 木道で整備が行き届いていた。 始めのうちだけだろう。 20分でバテバテになり早くもザックを降ろす。 高山植物が楽しませて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾瀬ヶ原

静まり返った見晴十字路を出発したときは7時を回っていた。 テントの撤収はだいぶ早くなってきたと思う。濡れたまま畳むことを覚えた。 時間が勿体無いので朝食はSOYJOY一個と水だけで済ます。 山の鼻で何か食えるだろうと企んだ。 至仏山へ登るために山の鼻へ向う。 6kmの道だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燧ヶ岳

早朝、尾瀬沼から見た燧ヶ岳である。 登る前はただ見とれていただけだった。いい写真が撮れた、とも思った。 登った後でこの写真(クリックで大画面)を見ると、登ったルートが手に取るように分かるから面白い。 左から、柴安嵓(2、356m)、赤ナグレ岳(2、249m)、俎嵓(2,346m)である。赤ナグレ岳の手前にヒョッコリとミノブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾瀬沼

あっ、コンパスが、ない。 それに気付いたときは、塩原温泉バスターミナルでバスを待っているときだった。 JRの駅からここまでバスでやってきたのだから、いまさら戻るわけにもいかない。 「なんてこった。登山が出来ないではないか。」と、ひとりごちた。 尾瀬行きを決めたのは当日の朝だった。尾瀬沼キャンプ場の予約が偶然取れた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more