テーマ:南九州の山旅

開聞岳

5月3日 5:40 生見駅~指宿駅~開聞駅~開聞山麓ふれあい公園 黄色い塗装のnanohana号に揺られながら、本州の最南端の山、開聞岳を目指していた。 ここまでの旅は晴天に恵まれていた。 指宿で一旦乗り換える。 指宿を過ぎると海は見えなくなり、とんがり帽子の開聞岳が車窓から見えた。 開聞駅に降り立つとわたしはベン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生見海岸キャンプ場

5月2日 13:00 えびの高原~霧島神宮駅~鹿児島中央駅~生見駅 下に比べて寒い、と行き交う人たちが口々に言う。 しかし高原には日差しが照りつけていた。 霧島神宮駅行きの周遊バスに乗り込んでシートにうずくまった。 地上に降りてもさほど気温の変化は感じない。 霧島神宮駅では足湯で賑わっていた。 お湯に手を突っ込んでみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えびの高原キャンプ場

5月1日 えびの高原キャンプ場 足湯の駅というスペースの一角に座り込み、ぬるいお湯に足を浸していた。 えびの高原は観光客で賑わっていた。 お湯がぬるいので効果はないと思うが、時間がたっぷりあった。 午後の中途半端な時間にうどん(550円)を注文する。 山旅なんていうものは往々にして少食であり、店があるとなれば時間を選ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧島連山縦走

5月1日 6:30 高千穂河原~中岳~新燃岳~獅子戸岳~韓国岳~えびの高原 キャンプ場で朝食を摂ったことが体を元気にしているのだと思う。 それ以上に天気が素晴らしく良い。 太陽光発電で通行量をカウントしているらしい装置を横目に登山口に入った。 登山二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高千穂河原キャンプ場

4月30日 16:00 高千穂河原キャンプ場 高千穂の峰を下山して爽快な気分になった。 キャンプ場を探す時間帯になりポテトチップ(160円)を買った。 キャンプ場→駐車場料金所→ビジターセンターとたらい回しにされてようやく受付が完了して1,200円を支払った。 この日のキャンパーはもう一人いて、さっき写真を撮った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高千穂峰

4月30日 5:40 都城~霧島神宮 アラームが鳴った。 びっくりして体が動く。 寝ていたとも起きていたともつかない状態を拳銃で撃たれたような格好だ。 しかし充分に睡眠は取れていた。 ザックをパッキングしなおして6:10にホテルをチェックアウトした。 昨日と同じファミマに行きクオカードで朝食のパンを買う。 旅と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南九州の山旅 (東京~博多~都城)

<ゴールデンウィークになるとわたしは一人で九州を訪れる。 45リットルのザックに一週間分の衣食住を詰め込んでキャンプ場を繋ぎながら山々を登り歩く。 生活や仕事の一切を忘れて置き去りにし、冬の間に練っておいた登山計画を実行する。 ばかげた旅であることは最初から分かっている。 この自由でばかげた旅がライフワークの中心に立脚す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more